ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

総選挙6日目 仙台市で訴え

総選挙も6日目。午前中は、ふるくぼ和子仙台市議と、泉区をまわって5箇所で訴えました。朝は肌寒かったのですが、気温がぐんぐん上がって、暑いくらい!マンションが立ち並ぶみすず台では、最初こちらが手をふったら窓を閉めてしまった女性が、終わる頃には再び窓を開けて、手を振ってくれました!

仙台市泉区②各所で沢山待っていてくれました!頑張ろう!と決意溢れる。離れて聞いている?と思ったら「支持者です。」と。宮城二区は、立憲の鎌田さゆりさん。鎌田さんは衆議院議員時代、私と一緒に被災者生活再建支援法の改正案を出しています。ずっと前から野党共闘!今度は比例は共産党は2倍に!

仙台市桜ヶ丘。金田基県議、すげの直子市議と。宮城県が進める病床削減や4病院の統合を告発する金田さん。私は、病床削減はやめ、医療支える皆さんを応援します、と訴えました。遠くで聞いていた女性、「支持者です。電話もかけています。留守電多くて、、でもまたかけます!」と。

仙台市青葉区。他党の比例カーとバッタリ、急遽演説箇所を変えるなど、仙台市は激戦区。夕方までの3箇所では、学費半額や最低賃金、ジェンダー、気候などを訴え。一番町では、若いカップルが手を振りながら目の前を通り、さらに横断歩道渡りながらも頑張ってくださ〜い!と手を振ってくれました!

仙台市青葉区その②夕方の平和ビル前には、みやぎ女性後援会が可愛いピンクのかえるのお面をつけて参集。
途中から来てくれた女性が最後まで聞いてくれて、「投票してきました!(演説に)間に合った〜」というので、聞いてみたらTwitter告知を見てきてくれたようです。手振りも多し!
#投票に行こう

仙台駅前アエル。夜は、高村なおや市議と駅前で訴え。最賃、学費、労働、ジェンダー、気候などを訴え。横断歩道を渡りながら拍手など若者反応強し

途中からずっと聞いていた女性「仙台に引っ越してきたばかり」と。鎌田さんよ、比例は共産党とお願い。足を止めて最後まで聞いてくれた高齢の女性も。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI