ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

総選挙10日目 秋田県を巡る

10日目。秋田県大仙市からスタート。#秋田3区は杉山あきら さんが事実上の野党統一候補。今日は農民連の佐藤長右衛門さんが米価問題について語ってくれました!大仙市は、青年就農問題でカッコいい後継青年たちと懇談し、国会で質問しました。後継者が農業続けたいと思える農政を!と訴えました。雨!

秋田市土崎。奈良順子市議。社保協の佐竹良夫さんが、秋田でも扇田病院の無床化など、進む公的病院の統廃合に反対して地域医療まもる高橋さん、と押し上げていただきました。佐竹さんとは、その前に米内沢病院の統廃合反対、職員守れ、ということで視察、集会、国会質問などとりくんだことも。

秋田駅前。労働者後援会の越後屋健一さんが、秋田の最賃822円が地域格差を生んでいること、医療従事者の問題などを訴え押し上げ。色々思い出してしまう。
舛添大臣が「青森は物価が安くて暮らしやすいね」と答えたことや、安倍総理が私の質問受けて「最賃上げましょう」って挨拶してくれたこと等々。

秋田市割山。イージスアショア反対の勝平の会から、佐々木勇進さんが応援演説。国会議員団の現地視察は9回、うち3回が私。住民懇談踏まえた国会質問は速記録を住民に配布。「大変参考になる」と喜ばれたことなど心込めて訴えてくださいました。
防衛費GDP2%なんて自民党の選挙公約、とんでもない!と私。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI