ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

総選挙11日目 秋田県ふるさと帰り~青森県の旅

10月29日。ふるさと帰りの旅。今朝は、生まれ故郷の秋田県能代市から。鶴形で小林秀彦市議と。鶴形では、転作したそばを生産組合として事業化。私も美味しいそばをいただいたことがあります!減反と転作、エサ米など、そうした農家の苦労をふみにじり、自己責任だという政府。自民党農政を転換しよう!

ふるさと帰り②高校時代を過ごした秋田県大館市。笹島愛子市議の地元で。板垣淳地区委員長・北秋田市議が応援で、水害、市立扇田病院無床化問題などで、私の議席の意義について話してくれました。なにより、いのち。かみしめるように、一言一言、思い込めて訴え。残り青森県だけとなりました(>_<)

東北6県ラスト、青森県に入りました!弘前市さくら野前で千葉こうき市議と。弘前市では昨年三桁のコロナ感染が発生、命の危険を身近に感じた。だから、検査の徹底など感染拡大を封じ込め、医療崩壊をさせない体制づくりをすすめます!と。

青森県弘前市ヨーカドー前。安藤はるみ県議と。本番中、弘前で演説するのは今日が最初で最後。たくさん集まってくれました!米価の暴落、与党は15万t分補助したというけれど、倉庫分に過ぎず、一方でミニマムアクセス米77万tも輸入するなんて!キッパリ中止よ!

青森県弘前市和徳。コロナ患者を受け入れて、三村県知事にも、他党やメディアの前で「健生病院に感謝しています」くれぐれも伝えて、と言われたこと。民間病院にも公立病院なみの支援を!医師の働き方変えよ、医師、看護師増やせと訴えてきました。

青森市浪岡。さいとう美緒1区候補と!天内しんや市議が、浪岡病院守れと私の質問参考に頑張った。私は、りんごの価格安定制度を県が作って、今の収入保険に。霜、雹被害などで傷ついたりんごが安い輸入果汁と勝負できるように原料原産地表示を求めてきました!教え子のお母さん、「入れてきたよ!」

ラストは青森市浜田。さいとう美緒1区候補と。車の往来がひっきりなしですが、有難うございます!の連呼に。みおさんは、働く人の問題、ジェンダーの問題を。私はコロナ、消費税5%にもどせ、インボイス中止、経済対策気候危機など。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI