ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

12日 決算行政監視委で汚染水問題を質問し、その後経産大臣要請など

 汚染水の海洋放出に待った!
 12日は決算行政監視委員会でTV入り質問。急遽でしたが、翌日にも政府が海洋放出を決める、という中で汚染水問題での急遽質疑に立ちました。 詳細は後日として、1000基もあるタンクの水を海水で500倍(タンクによって濃度は均一ではないが、平均)に希釈する。ということは?40年間もかかるね?東電も遠回しな言い方ですが、認めました。燃料デブリを取り出すためにそのスペースを開けるためにタンクをどかしたい、これも東電が認めました。でもその先は?決まってないよね?「できる!」と無責任な答弁繰り返す、、
 つまり、廃炉と汚染水処理は一体であり、少なくとも40年以上はかかる、目の前からきれいになくなる保障は何もない。だとすれば、あせらずに陸上保管を続けて、その間に減衰もするし、新しい知恵も出てくる!と指摘しました。 その後、官邸前での「原発をなくす全国連絡会」緊急抗議行動に参加。岩渕友参議院議員とともに訴え。
 さらに、笠井あきら衆議院議員、紙智子参議院議員も一緒に、梶山経産大臣にも海洋放出反対の申し入れを行いました!取り急ぎのご報告。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI