ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

福島県いわき市で漁協の皆さんと懇談

福島県いわき市 浜の怒りを感じて。

 晴天のいわき市。海が美しい! けれど、漁民は怒っています。菅総理が汚染水の海洋放出を13日の閣僚会議で正式決定すると報じられているからです。 急きょ、いわぶち友参議院議員とともに、いわき市に行き、勿来(なこそ)と久の浜漁協の皆さんと懇談しました。宮川えみこ、吉田えいさく両県議、くまがい智地区委員長・福島5区予定候補と。 3月末で試験操業が終わり、ようやく本格操業というときに、なぜ今か?と怒りが次々と。


海洋放出ありきに怒り

高橋・岩渕氏 漁民と懇談 福島

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員と岩渕友参院議員は10日、東京電力福島第1原発から出る放射性物質トリチウムを含む汚染水の海洋放出問題の渦中にある福島県いわき市で、漁民たちと懇談しました。宮川えみ子、吉田英策両県議、熊谷智党いわき双葉地区委員長が同席しました。

 いわき市漁協役員らとの懇談では「今までの試験操業から本格操業への移行期に入り、一歩二歩と前に出ているタイミングで、なぜ海洋放出なのか」「絶対反対だ」と怒りの声が相次ぎました。

 江川章組合長は「『トリチウムを流したら福島の魚はもう終わりだね』と、漁民じゃなく仲買人が言ってきた。深刻だよ。国は海を守り、生計を立てているわれわれの声をよく聞き、その上で方針を決めてほしい」と厳しく注文しました。

 福島県南端の勿来(なこそ)漁協でも、集まった漁民らが不安と怒りをぶちまけました。

 震災のがれき撤去作業が終わったとき31歳と29歳の息子2人が後を継ぐと言ったと話す漁師(57)は「本当は漁師にさせたくなかった。若い人たちがこのまま続けていいのか、首相に聞いてみたい」と語気を強めます。

 漁師2代目の男性(66)は「海に流すしかないのか。陸地保管を続けながら処理方法をもっと考えてほしい」と訴えました。

 高橋議員は「いったん決定を見送りしてから半年間、何をしていたのか。県民と対話する努力は見えず、結論ありきだ。皆さんの怒りの声を届けます」と応えました。

(「しんぶん赤旗」2021年4月11日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI