ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

福島県農協中央会と懇談

9日、ALPS処理水の海洋放出が決まった後も、協働組合が声明を出したという点で、まず福島県農協中央会の今泉仁寿参事と懇談しました。大震災と原発事故から10年、傷をどう治していくか、農業の姿を戻したいのだと。未来永劫反対、と言ってるわけではない。

原発事故前の原発農業産出額は2010年2330億円うち4割は米。しかし1854億円に落ち込み、2019年持ち越したとはいえ2086億円。そこにコロナが直撃。米の65%は業務用だが、外食しなくなって在庫が積み上がっている状態、、。霜被害、桃は皆無のところも!被害額28億円は今後更に増える、、。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI