ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

21日 国交委員会で検疫と国際線の乗員に対する感染対策を質問

 21日国交委は一般質疑。水際対策の最前線、検疫と国際線の乗員に対する検査、感染対策について聞きました。

 ①大阪や首都圏でも来月初めにはウイルスの8割が変異株に置き換わっていると言う局面。水際対策について聞きました。現在は原則全ての国からの入国認めず、特段の事情(日本人や定住者の配偶者など)のみ認めています。3月の入国外国人19393人、うち新規入国2017人、日本人帰国者38929人。

 ②変異株の国29か国からの入国は抗原検査、検疫所で3日待機、pcr検査、陰性でも14日間自宅待機かつ公共交通機関使えず。検疫官はワクチン優先接種すべきでは?厚労省「医療従事者として優先接種の対象だが、地方自治体の体制もあり、現在接種ずみ15名」

 ③国際線のパイロット、客室乗務員なども、エッセンシャルワーカーであり、水際対策の一翼を担っている。大臣「水際対策の要」ワクチンについては航空会社から要請もあり検討中。」航空局長「頻繁に往来するため、航空会社の責任において検査」

 ④国際線の乗員は、外国に行っても専用車で移動しホテルから一歩も出ないから、「外国であって外国ではない」という理屈で検疫検査は免除。会社の都合を国交省と厚労省が容認している。フライトによるリスクあり、検疫は国がやるもの、会社まかせはおかしい!厚労省「再度国交省と相談する」

 ⑤タイ航空は、昨年5月破産法により更生手続きをタイ政府が承認。この1年間も就航しており、雇用調整助成金を申請している。厚労省「更生手続き中は審査を保留し、更生計画決定すれば給付できる。ただし、外国の破産法は該当しない」つまり、助成金の対象になると言うことです!早く救済を!

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI