ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

東電福島第一原発の事故により、福島、群馬、千葉、愛媛の避難者が起こした訴訟の原告、弁護団からの要請を受ける

 東電福島第一原発の事故に対する国の責任が問われた訴訟で17日、最高裁は「仮に対策をとっても事故は防げなかった」という不当判決,今日.今回統一判決になった福島、群馬、千葉、愛媛の原告、弁護団から日本共産党として要請を受けました。小池あきら書記局長が選挙で争点にしていく、と連帯の決意。

画像

 弁護団からも、国も勝っていない、肩すかしの判決と。原告らは政府機関が公表した長期評価に基づく対策をとっていれば事故は防げたのでは?を争点なのに、そこはスルーして「とったとしても防げなかった」と書いたから。だったら原発はやめるしかない!福島の避難者がどんな思いでここまできたかと😭

画像

2022年6月20日 国会内にて

政治変え避難者救済

原発訴訟原告ら 共産党に要請

写真
(写真)小池氏(右から5人目)に要請文を手渡す中島さん(その左)=20日、参院議員会館

 最高裁が東京電力福島第1原発事故に対する国の責任を認めない判決(17日)を出したことを受け、福島、群馬、千葉、愛媛の避難者が起こした4訴訟の原告団・弁護団は20日、日本共産党に判決への見解表明と一日も早い救済に向けた協議を要請しました。小池晃書記局長と高橋千鶴子衆院議員が受けました。

 最高裁判決は、地震と津波の規模が大きすぎて対策をとっても、事故を防げなかったというもの。原告らは「(実際に行わなかった)対策を取っても防げなかったなどの判決は絶望」と批判しています。

 千葉訴訟の原告の瀬尾誠さんは、裁判が終わっても除染や廃炉、被害救済は終わっていないと指摘。汚染水の海洋放出問題に触れ、「(被害は)いつまで続くのか。国は責任を持って対応しておらず、政治を変えなければどうしようもない」と訴えました。

 群馬訴訟の原告、丹治杉江さんは被災者の困窮や自身の親族の自死を振り返り、「事故は人々の人生を狂わせた。せめて東電の小早川さん(智明社長)は群馬まで謝りに来てほしい」と述べました。

 小池氏は「国におもねる判決だ。安全神話で原発を推進し、被害を振りまいておきながら国に責任がないというのは許せない」と批判。「被害が想定外というので免罪されるのであれば日本に原発をおいてはいけないということだとし、国会でも追及する。参院選の争点とし、勝利したい」と述べました。

 生業(なりわい)訴訟の原告団長・中島孝さんは要請後、「原告団を解散せず、2次訴訟を支援してたたかいを続ける」と明らかにしました。

(「しんぶん赤旗」2022年6月21日付)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI