ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

12日 国交委でJR北海道・四国・貨物問題を質問

12日国交委①2018年7月国交大臣監督命令で、J R北海道は「2031年度経営自立」が至上命題とされた。国鉄民営化で不採算になることが明白なJ R北海道、四国、九州には経営安定基金を積み運用益で応援。九州は駅ビル経営などの不動産業で黒字化!鉄路を守るのではなく、不動産業で自立目指すのか?

②2016年11月18日J R北海道は、道内全路線の約半分にあてる1237キロ、10路線13区間を「単独では維持困難な路線」と発表。法案はこれらの路線守れるか?局長「鉄道よりも他の交通手段が適しており、利便性、効率性の向上も期待できる線区は(赤)新たなサービスへ転換。」

③大臣「利用が少なく、鉄道を持続的に維持する仕組みの構築が必要な線区(黄)については、地域と一体で利用促進やコスト削減の取り組みを行い、あるべき交通体系について徹底的に検討、何とか路線を維持できないかとの視点で、地域任せではなく国としても知恵をだしながら支援していきたい」

④留萌線の減便で高校生が部活できなくなると訴え、定期代と同程度で代行バスになった。廃線後完全にバス路線になった日高線は定期代が倍額にも!局長「1.7倍から2.1倍程度に上がる。沿線自治体独自で支援しているところもあるが、J R北海道が沿線7町に18年間25億円をバス運航費を支援」

⑤今法案では、金融機関からの借入に利子補給する。なぜ?その対象は札幌駅ビル前の新J Rタワー建設だという。事業費は?局長「鉄道以外の関連事業を充実させて経営を改善させる」「新タワーは10年後の北海道新幹線札幌延伸に合わせて開業目指す。J R北海道から2000〜3000億と聞いたよ!

⑥新タワーは250m又は200mの二案ある。今日航ホテルの入ったタワーは173mでそれ以上の高さ!札幌冬季オリパラ招致で「収益最大化」というが、今の情勢新たな負債抱える恐れは」大臣「結構大きなプロジェクトだからリスクも踏まえての決断。2031年度1200億円、18年度の1.5倍で黒字化図る」

⑦青函トンネル、本四連絡橋の維持の責任は国か?局長「青函トンネルは鉄道・運輸機構が保有し、J R北海道が維持管理の費用を負担している。30年以上経過、老朽化で抜本的な改修工事になる。J R北海道にとって過大、分割民営化で国が資本費出したように鉄道・運輸機構が負担する」確認した!

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI