ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

3日は岩手県内で街頭演説など行動

宮古駅前商店街で田中尚、落合久三両市議と街頭演説。冒頭、トルコ西部の地震にお悔やみとお見舞いを述べ、2011年もトルコの地震があり、同じ地震が多い国として国会の復興特委で視察に行きました。改めて10年目にむけ、被災者が主役の復興を。コロナで見えた社会の矛盾。七つの提案と野党連合政権へ!

岩手県宮古市。菅首相の目玉はカーボンニュートラル?温暖化を口実に原発新増設とは!原発事故のトリチウム汚染水の海洋放出めぐり、漁業者らが悲鳴をあげている。三陸の海も守りたい!事故の後処理もできない原発ではなく、(地域発の)再生可能エネルギー推進に知恵も財政も注ぐべき。と訴えました。

宮古市内で集い。大阪市廃止を止めた!学術会議、コロナ対策、野党連合政権へ共闘の努力等々お話。会場からは、国会議員が多すぎるんじゃないか?政党助成金をもらうべきでは?河井議員を辞めさせられないのは?家賃補助の申請が煩雑すぎて、出したくないのかな?など質問も次々!田中尚市議が挨拶。

岩手県山田町復興公営住宅で木村洋子町議と。県内でも医療費免除をやめるという首長多いけど、木村町議らが署名を集めて町へ提出!私は県立山田病院の存続とコミュニティバス、医療費免除の問題でも調査し、とりあげてきた。復興公営住宅の家賃特別低減事業の継続について通常国会で追及しました!と。

岩手県山田町。演説のあと、被災者と懇談。医療費免除は切実。署名を集めてくれた皆さん。病院は一つ二つじゃないのよ。腰も足も目も、と口々に。交通費も痛い。家賃の話、今聞いてビックリした。「5月頃から髪の毛全部抜けてしまった。色々心配事で」とKさん。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI