ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

広島豪雨災害調査(2日目)

広島土砂災害 / 高橋議員ら避難者見舞う
住居の要望切実

 日本共産党の高橋ちづ子衆院議員(災害対策本部副本部長)は30日、広島市の土砂災害で避難所になっている安佐南区の梅林小学校や佐東公民館で避難者を見舞うとともに、要望を聞きました。
 梅林小学校に避難している男性は「家に住めないので、7万5000円の家賃を払って引っ越そうと思っている」と話してきました。高橋議員は「福島では家賃8万円でも借り上げ住宅に認めさせたので、あきらめないで頑張りましょう」と励ましました。男性は「あきらめないで頑張ります」と答えました。
 佐東公民館では、担当者の案内でダンボールのベッドやしきり、ペット同伴で避難できる部屋など、すすんだ取り組みを視察。高橋議員は「すべての避難所に広げたらいいですね」と語りました。
 避難所の訪問には、つくだ守生県議候補、藤井とし子市議候補が同行しました。
(しんぶん赤旗 2014年8月31日付より)

緑井小学校の避難住民のみなさんから要望をきく高橋ちづ子。

緑井小学校の避難住民のみなさんから要望をきく高橋ちづ子。

 

佐東公民館で避難住民のみなさんから要望をきく高橋ちづ子。

佐東公民館で避難住民のみなさんから要望をきく高橋ちづ子。

 

佐東公民館に避難されている車椅子の方が喜んでいた段ボール製のベッド。

佐東公民館に避難されている車椅子の方が喜んでいた段ボール製のベッド。

【関連】ちづ子通信「声あげる被災者と被災者によりそい頑張る党議員・候補たち」

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI