ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

国会が国会であるとき

 熱海の土石流災害を契機とした盛土規制法案について、本会議、現地視察、参考人、2回の対政府質疑と、フルセットで審議され、全会一致で政府原案が修正可決されました。

 党は修正案を準備して、盛土の原因となる建設残土の管理問題もふくめ、包括的な立法化を求めてきました。国交省は建設残土の管理については法定せず、盛土の許可等、「出口」規制のみを法案にしました。

しかし参考人質疑では、「人目のつかない山林などに投棄されれば原状回復は難しい」などの意見も相次ぎ、立憲民主党も、私の提案を全部盛り込んだ修正案をつくり、れいわ、有志の会と4会派共同で修正案を提出。私も立憲の議員とともに答弁に立ちました。

 そうした中、維新は中身が一緒なのに、4会派には参加せず、自分たちの案だけ与党に協議を持ち込んだのです。どの党がよりも、命守るために必要なことは力をあわせるべきです。立憲が、自公以外の全ての6会派共同の修正案「5年以内に検証、見直し」をまとめ、与党も賛成して原案修正が実現したのです!

 21日、本会議討論の結びにこう言いました。「最後は6会派共同の修正案がまとまり、与党賛成の上で政府原案を修正できたことは、立法府の本領が発揮されたものと喜びたい」と。

 ともに提案者となった他党議員からは、「いい討論でした」と声をかけられ、仲間の議員からも「最後はうるっときたよ」と言われ、私も胸いっぱいでした。

※しんぶん赤旗2022年4月23日付「北海道・東北のページ」のコラムのタイトルを変更しての掲載です。

対政府質疑、4月13日
参考人質疑、4月8日
熱海土石流災害被災地視察、4月4日
熱海土石流災害被災地視察、4月4日
修正案について提出者として答弁、4月13日
衆院本会議で賛成討論、4月21日

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2022 CHIDUKO TAKAHASHI