ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

思いの詰まった議席

 総選挙投票日は午後8時すぎに当確が出て、党全体の数字も票もわからない中で会見せざるをえませんでした。青森の地元紙は一斉に「満面の笑み」と報じましたが、まだ途中とはいえ党の議席が伸びず、議席減の恐れもあるとして、内心は泣きたいくらいでした。

 東北にこの議席あり。今度はこの命綱を2倍にと、心ひとつに頑張ってきました。目標にはまだ距離があるものの、東北全体の奮闘に心から感謝します。

 山形県南陽市では、佐藤明市議が「7年前の豪雨災害時に駆けつけたことは今も語り草になっている」と演説したので、びっくり。各地で地方議員さんが、我が町と国会を結び付けて訴えてくれ嬉しかったです。

 16年前の質問以来応援してくれている長崎の養豚農家から10万円のカンパが届きました。「月に2000円ずつためて、4年あれば10万円になるんだよ」と言われ、思わず電話に最敬礼!

青森県内の元町議から「応援します」とメール。彼女は自民党員。「共産党と書ける?大丈夫?」と電話すると、書いてきたと報告も!

 東北は比例候補全員が女性。オンラインで対談など楽しく元気にとりくんできました。「ふなやま由美」「藤本友里」と書きたい方も沢山いたことでしょう。そうした思いの詰まった議席だということも忘れず、国会内外で力あわせ、もっともっと頑張って次は文字通り倍する票を集めたい。来年は参院選。「岩渕とも(友)」さんと「ともに」。

※しんぶん赤旗2021年11月13日付「北海道・東北のページ」掲載のコラムです。

紙智子、岩渕とも両参議院議員と=13日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI