ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

比例候補「日本共産党と私」

 7年間、私立女子高校の教師でした。

 3年間担任したクラスが卒業し、翌年は2年生の担任に。ところがその翌年はまた2年生の担任?卒業まで私と一緒だと思っていた生徒たちのショックは大きく、私も寮生だったMの部屋で、コタツに潜って泣いた。新しいクラスでは、中退者も複数出ました。家出した生徒を探しに、軽自動車で走り回ったことも1度ならず。

 そのクラスの卒業式には、出産予定日が近く出られませんでした。前の晩泣きながら一人一人に手紙を書きました。ハンカチを添えて。「なんで先生いないの?」と生徒たちがハンカチを濡らしていたと、後任の先生に聞きました。

 入党したのは教員2年目、ワンマン校長、まだ組合がなかった職場で生き方に悩んでいた頃です。いつか私が共産党だと知られたときに、「だからいい先生だったんだ」と思ってもらえるように頑張ろうと思いました。最近、元同僚の先生に会ったときです。「高橋さんは、生徒をまとめるのが上手で、どうすればあんなふうにうまくいくのかと、いつも思っていた」と言われ、本当に驚き、胸がいっぱいになりました。

 今も、メールでやり取りする教え子もいます。先日、地元後援会の朝宣伝の前を車で通ったNから、ラインがきました。「雨なのに傘もささずに旗を持って先生を応援してくれる人に感謝」「時代の変わり目に生まれたのも運命だもの。頑張ってください」今が時代の変わり目だと、わかるNもすごいぞ。

(教え子は全員愛称で呼んでいますが、そのイニシャルです)

(左から)さいとう美緒青森一区予定候補、高橋ちづ子、山田千里青森市議予定候補=7月22日、青森市内
聴衆の方々とグータッチ=7月22日、青森市内

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI