ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
ちづ子通信

原発事故汚染水問題

 10日土曜日岩渕友参議院議員と一緒にいわき市に行きました。「自民党なんて全くこないよ。共産党だけだ」と漁業者。託された「息子に漁業を継がせてもよいか」という声をそのまま菅総理にぶつけました。総理は答弁を避けましたが、もし海に流しても安全なら、胸を張って「漁業を継いでください」と言えるはずです。

 昨年12月復興特別委員会。野党議員が「ALPS処理水は他の原発から出るトリチウムとは違うね?」と質問。経産省は「溶融した核燃料に直接触れているので」と認めた後に、フランスやイギリスなどの再処理工場では、「セシウム、カーボン14等、福島第一原発のALPS処理水に含まれる核種と同じもの」が入っていると平然?!質問者は、むしろ大いに知らせなきゃと納得してしまいました。私はそのあとの質問で、再処理工場は原発から出るトリチウムの数万倍の「京」㏃という単位。あまりに高すぎて、そもそも基準がないのだと反論しました。六ケ所村の再処理工場は3年間のテストだけでも2000兆㏃超のトリチウム等を放出しており、許せるわけがありません!

 ただちに東北の各県議員や候補者が漁協などを訪問、共感と連帯を広げています。草の根の党ならでは。

漁業者の皆さんと懇談=10日、いわき市内
衆議院決算行政監視委員会で原発事故汚染水問題について質問=12日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI