活動日誌

ハンセン病家族訴訟を受け、立法化へ

ハンセン病家族訴訟を受け、立法化へ向かって頑張っています。国会と政府を主語として、お詫びと責任を明記した前文案ができました。訴訟の途中で亡くなった原告も、「提訴したことで訴えたとみなす」とし、名誉回復一時金として同額の補償をするという、画期的な省令案もあります。与野党の知恵で、先例という制約を乗り越えました。

国会と政府のお詫びと責任を明記した新法の前文案

10月24日、新法である補償法並びにハンセン病基本法改正案について、ハンセン病議員懇談会(金子恭之会長)、最終解決議員懇談会(森山ひろし会長)の合同総会で、骨子案を了承しました。WTでかんかんがくがくの議論をして、私たちの要望もだいぶ入りました。

議員懇談会の合同総会(前列右から3人目が高橋ちづ子)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI