活動日誌

CFS厚労省要請、財政検証 野党合同ヒアリング①

○筋痛性脳脊髄炎(ME)/慢性疲労症候群(CFS)の診療ネットワークの構築と情報提供を求める厚労省要請に、自民党の津島淳衆院議員、立憲民主党の尾辻かな子衆院議員、川田龍平参院議員とともに同席しました。

厚労省要請に同席する与野党議員=27日、国会内

○年金試算前提甘すぎる/「財政検証」 野党合同ヒアリング

 厚生労働省が公表した公的年金の「財政検証」に関する野党合同ヒアリングが27日、国会内で開かれました。野党議員からは、試算の前提条件が甘すぎるとの指摘が相次ぎ、「そんなバラ色なことが本当に起こるのか」など厳しい批判の声があがりました。

 今回の財政検証は、経済成長と労働参加の進み具合に応じた6ケースで年金の給付水準の変化を試算。うち1ケースのみが労働市場への参加が進まないケースとなっています。これに対し、野党議員は、前回の検証では8ケース中、3ケースは労働市場への参加が進まないケースだったとして、「前回の検証と比べても、今回の検証はかなり甘いのではないか」などの批判があがりました。

 また、オプション試算で示された厚生年金の適用を拡大した場合の対象者数についても、企業が事業主負担の増加を敬遠するため試算通りにはいかないのではないかとして、「非常に違和感を覚える」などの疑問の声があがりました。

 さらに、今回の財政検証の発表が前回に比べ大きくずれ込み、7月の参院選の後となったことについては、「厚労省が政治的な配慮をしたのではないか」などの批判が相次ぎました。

 ヒアリングには、日本共産党から、高橋千鶴子、藤野保史、宮本徹の各衆院議員、倉林明子参院議員が参加しました。

(しんぶん赤旗 2019年8月29日付)

厚労省から財政検証について説明を受ける野党議員=27日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI