活動日誌

イージス・アショアの現地視察

〇陸上イージスに怒り/秋田 高橋議員が現地調査

 日本共産党の高橋千鶴子衆議院議員は21日、地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」(陸上イージス)配備候補地、秋田市の陸上自衛隊新屋(あらや)演習場周辺を視察しました。「イージス・アショアを考える勝平の会」のメンバーらが案内し、さとう純子、鈴木さとし両秋田市議、佐藤広久市議候補と冨岡昭県書記長が同行しました。

 一行は同市新屋勝平地区で開かれた「考える秋田県民の会」主催の住民懇談会に参加。住民からは「防衛省にレーダーがどれだけの強さの電波を出すのかなどを聞いても、軍事機密を理由に何も答えない。安全だと言われても、とても信用できない」「この地域は広大な砂丘だった。先人が植樹を繰り返し、人が住めるようにした200年の歴史がある。みんなで育ててきた平和な街に基地はいらない」など、陸上イージス配備計画への怒り、不安や疑問の声が次々と寄せられました。

 高橋氏は、陸上イージス問題を取り上げた野党共闘の国会論戦を紹介し、アメリカ言いなりの沖縄・辺野古新基地建設、兵器の爆買いで軍拡に突き進む安倍政権を批判。「みなさんの声をしっかり国会に届け、配備撤回を強く求めていきます。ともに頑張りましょう」と呼びかけました。

(しんぶん赤旗 2019年2月23日付)

新屋勝平地区の懇談会で住民と懇談をする高橋千鶴子=21日、秋田市内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI