活動日誌

毎月勤労統計 野党合同ヒアリング⑥、女性差別撤廃条約と選択議定書について聞く院内集会

○毎月勤労統計 野党合同ヒアリング

毎月勤労統計の野党合同ヒアリングに参加。厚生労働省が去年9月、今年1月の統計委員会で復元分を隠して報告していたことを指摘しました。

合同ヒアリングで厚労省を指摘する高橋千鶴子=8日、国会内

○女性差別撤廃へ NGOの役割強調/国連委前委員が講演

“選択議定書、批准迫って”

 日本女性差別撤廃条約NGOネットワーク(JNNC)は8日、参院議員会館で、国連の女性差別撤廃委員会(CEDAW)前委員のハルペリン・カダーリさん(イスラエル)を迎えて集会を開きました。女性団体の代表や超党派の国会議員らが参加。カダーリさんは、女性差別撤廃条約を補完する国際文書で同条約の実効性を高める選択議定書について「市民団体は政府に批准を迫り続けてほしい」と話しました。

 女性差別撤廃条約は、あらゆる分野の男女平等達成へ必要な措置をとることを締約国に求めています。日本は1985年に批准。差別撤廃の状況を審査するCEDAWは日本に選択議定書の批准や選択的夫婦別姓制度の導入などを勧告しています。

 カダーリさんは、NGO(非政府組織)の役割について、締約国の政府が報告しない女性差別の実態を国連に伝えるとともに、国内では政府に条約履行を迫る「重要な役割がある」と強調しました。

 CEDAWの委員が締約国を訪問し権利侵害の事実認定を行う選択議定書の調査制度の内容を紹介。選択議定書批准に向けた市民運動にエールを送りました。

 主催者あいさつしたJNNCの柚木康子共同代表世話人は、「日本の男女平等が進まないなかで、選択議定書の批准はひとつのポイントになる」と話しました。

国会議員が参加 共産党から3氏

 日本共産党の高橋千鶴子、畑野君枝、本村伸子の各衆院議員をはじめ立憲民主党、社民党、無所属の国会議員が参加。本村氏は「幅広いみなさんと力を合わせて、ジェンダー平等実現へ力を尽くしたい」と訴えました。

(しんぶん赤旗 2019年2月9日付)

国連の女性差別撤廃委員会(CEDAW)前委員のハルペリン・カダーリ氏から話を聞く高橋千鶴子、畑野君枝、本村伸子の各衆院議員ら=8日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI