活動日誌

島袋文子さんを迎え沖縄に連帯する市民のつどい

辺野古のおばぁ、国会内で講演
命の海 埋め立てないで

写真

(写真)戦争体験を語る島袋文子さん=17日、参院議員会館

 沖縄県名護市辺野古在住で、米軍新基地建設反対で長年座り込みを続けてきた島袋文子さん(88)が17日、国会内で講演しました。500人が参加。ドキュメンタリー監督の三上智恵さんが聞き手をつとめ、高校生2人が島袋さんと対話しました。主催は「文子おばぁを迎えよう!実行委員会」。
 島袋さんは、安倍首相は戦争をする国を作ろうとしていると指摘しました。「命の海を埋め立てることは許されない。本土の皆さん、沖縄に力を貸してください」と訴えると、会場から拍手が起こりました。
 話を聞いた高校生は、「沖縄で起きている(新基地建設反対を訴える)市民への弾圧などは、いずれ本土でも起きることになるという言葉が印象に残りました。戦争を体験した方を含め、沖縄の方の話をもっと聞きたい」と話しました。
 日本共産党から高橋千鶴子、畑野君枝、本村伸子各衆院議員、山添拓参院議員があいさつしました。島袋さんはじめ参加者らは講演後、首相官邸前で抗議を行いました。
(「しんぶん赤旗」2017年8月18日付)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.