活動日誌

介護保険法改定案強行採決 厚労委員長・議運委員長申入れ、緊急集会

厚労委に差し戻せ
介護保険法等改悪案 委員長に共産・民進

写真

(写真)佐藤衆院議院運営委員長(中央)に申し入れる(左から)共産党の堀内、高橋、塩川、(右から)民進党の井坂、柚木、泉の各衆院議員=12日、国会内

 自民、公明、維新などが12日、衆院厚生労働委員会で介護保険法等改悪案の採決を一方的に強行したことを受け、日本共産党の高橋千鶴子議員と民進党の柚木道義、井坂信彦両議員は同日、厚労委の丹羽秀樹委員長に法案を委員会に差し戻すよう申し入れました。
 前日の理事会では、与党が「地方公聴会はやらない」と、野党の要望を明確に拒否。採決については一度も提案されず、14日も審議することが内々に合意されていました。
 高橋氏は申し入れ後、「これでは委員会を見守っていた傍聴者のみなさんに説明がつかない。関係者の気持ちを無視するなど、本当に悔しいし、許せないという思いだ」と記者団に語りました。
 柚木氏は、「委員長自身も採決は『まったく承知していなかった』と明確に述べていた。これでは国会の民主主義が成り立たなくなる、という危機感から申し入れに来た」と述べました。
 同日、共産、民進両党の衆院議院運営委員会委員と、同厚労委委員が、佐藤勉議運委員長に、「厚労委における突然の一方的な採決強行は許されない。本会議への上程は認めるべきでない」と、委員会へ差し戻すよう申し入れました。
 申し入れたのは、日本共産党の議運の塩川鉄也委員と、厚労委の高橋、堀内照文両委員と、民進党の泉健太議運理事、柚木、井坂の各氏。佐藤議運委員長は、大島理森衆院議長に伝えると応じました。
(「しんぶん赤旗」2017年4月13日付)

民進党の柚木道義、井坂信彦両議員とともに丹羽秀樹厚労委員長への申入れ。(写真は高橋事務所撮影)

委員会終了後、堀内照文衆院議員、傍聴者の方々とともに国会内で開かれた緊急集会に参加しました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.