活動日誌

国会議員団福島原発事故調査(1日目)

家なく帰れない/避難指示解除 楢葉町民 切々と
福島で共産党国会議員調査団懇談

 日本共産党国会議員調査団は9日、福島県いわき市内の仮設住宅集会所で、東京電力福島第1原発事故による避難指示が9月5日に解除される楢葉町の住民と懇談しました。同町の避難指示解除は行政機能、住民全体が避難した自治体で初めてとなります。
 楢葉町住民9人から、▽危険地域で家は壊さなくてはいけないが復興住宅もできてないのに行く場所がない▽農業の町なのに森林除染がされていない▽水源のダム湖の底に高濃度セシウムがあるのに政府は絶対安全というが信用できない▽理容室を再開したいが道具を全部買いそろえなければならない―など、帰れる条件が整わない状況での帰還決定は順序が逆ではないかという意見が続きました。福島第1原発事故が収束しないことへの不安、川内(せんだい)原発再稼働への批判が出ました。
 楢葉町で障害者施設を運営する女性(72)は障害者と高齢者を支える施設として再生したいが、それを支える制度も財源もないと話しました。
 高橋千鶴子衆院議員が「一律の避難指示解除はおかしい。帰る人も帰らない人も納得して進んでいける支援のあり方が必要。皆さんと力を合わせ国会でも取り上げて実現させたい」と話しました。
 同調査団は、10日は福島第1原発視察などを行います。

 9日の調査に参加した国会議員・候補者(50音順、敬称略)
[衆院]梅村さえこ、塩川鉄也、高橋千鶴子、藤野保史、堀内照文
[参院]倉林明子、田村智子
  いわぶち友参院比例予定候補

(しんぶん赤旗2015年8月10日付より)

 

楢葉町の町民の皆さんと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

楢葉町の町民の皆さんと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

宮川絵美子、長谷部淳両福島県議、伊藤浩之、高橋明子、溝口民子、渡辺博之各いわき市議、馬場績浪江町議、畑中大子広野町議らと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

宮川絵美子、長谷部淳両福島県議、伊藤浩之、高橋明子、溝口民子、渡辺博之各いわき市議、馬場績浪江町議、畑中大子広野町議らと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

党地方議員らと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

党地方議員らと懇談する党国会議員団=福島県いわき市内

 

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI