活動日誌

秋田県委員会「米価暴落対策」等政府交渉

米価暴落対策ぜひ/共産党秋田県委と高橋議員
福祉灯油支援も

米価暴落対策について農水省(手前)に要請する秋田県の地方議員各氏。前列右から4人目は高橋ちづ子衆院議員=27日、衆院第2議員会館

米価暴落対策について農水省(手前)に要請する秋田県の地方議員各氏。前列右から4人目は高橋ちづ子衆院議員=27日、衆院第2議員会館

 日本共産党秋田県委員会と同地方議員団は27日、米価暴落対策と低所得者への福祉灯油などの支援について、国会内で農水省、綱領賞、総務省にたいし要請をしました。高橋ちづ子衆院議員が同席しました。
 米価暴落対策で加賀屋ちづ子秋田市議は「米価下落で、農家は生産意欲を失いつつある。県内の経済にも大打撃だ」と述べ、政府が緊急に〝過剰米〟の処理を行うこと、農家への戸別保障交付金の半減策の撤回を求めました。
 佐藤純子秋田市議は「日本の土地で育て安心・安全な米を、国民は求めています。生産者が離農する事態を政府の責任で改善すべきだ」と訴えました。
 高橋衆院議員は「これまでも概算払いが大幅下落した後政府の政策で、ある程度収束してきた経験はある。政府の対応、本気度が問われています」と実効性のある対策を求めました。
 要請にはほかに、山内梅良秋田県議、鈴木知、佐藤広久両秋田市議、笹島愛子大館市議、三浦倫美北秋田市議、佐々木隆一由利本荘市議、平岡裕子仙北市議、大沢和雄三種町議が参加しました。
(しんぶん赤旗2014年10月28日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI