ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
住民とともに

■JAL客室乗務員の深夜業免除問題

厚生労働委員会を傍聴してくれた「深夜業免除
裁判」をたたかうJAL客室乗務員のみなさんと

<高橋千鶴子のコラム>

“せめて夜だけでも子どもと一緒にいたい”
 ―JALのママさん客室乗務員の訴えに応えて  ( 2007年2月21日 記)

 柳沢厚労大臣が、大臣の席にしがみつき、少子化対策で結果を出すというのなら、子どもを生み育てながら働きたいと思う女性たちを応援するべきです。21日の厚労委員会は、JALの客室乗務員の育児休業法をめぐる裁判についてとりあげました。
 勤続20年以上のベテラン客室乗務員が、育児休業法にある深夜業の免除を申請しました。ところが会社は、「昼間だけのローテーションが組めない」などといって、免除申請者から昼間の仕事まで取り上げ、無給日としたのです。結果、給与明細書は保険料などと差し引き赤字に!チラシ配りのアルバイトなどをしながら、4人の原告が裁判をたたかってきました。私は、育児休業法のポイント解説を読み上げ、懲罰的に昼間の仕事をとりあげるのは「不利益取り扱い」と書いてある。これはJALのことだ!と迫りました。大臣は係争中であるとしつつも、「都道府県労働局で相談や企業主への指導をおこなう」と約束しました。終了後、傍聴にきていた原告らが涙で目を真っ赤にしながら、「私の言いたいことを言ってくれた」と喜んでくれました。・・・(続きは こちらをご覧ください


<国会質問へのリンク>

・2007年 2月 21日 第166国会 厚生労働委員会 
 JAL客室乗務員の深夜業免除問題
 議事録は、こちらをご覧ください


<新聞記事>

・日航グループ 深夜業免除で不利益  衆院委 高橋議員「育休法に反する」
 「しんぶん赤旗」2007年2月22日付
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-02-22/2007022204_03_0.html

・主張 育児と仕事の両立 日航は社会的責任を果たせ
 「しんぶん赤旗」2007年3月28日付
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-03-28/2007032802_01_0.html

・女性客室乗務員仕事とりあげ 厚労省は日航指導を(労使共控訴せず判決確定) 
 「しんぶん赤旗」2007年4月12日付
 http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-04-12/2007041202_03_0.html

▲ このページの先頭にもどる

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI