ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

「高収益作物次期作支援交付金」について農水省レク

農水省が一次補正でつけた「高収益作物次期作支援交付金」について農水省レク。予算242億円に対し倍の申し込みがあったため、10月12日付で「運用の見直し」を通知。要件を厳格化したために、貰えなくなる人が大幅に出る?!きっかけは学校の休校で給食の食材を搬入していた生産者などを救済するもの。

期作支援交付金②救済のため、なるべく申請しやすくと、コロナで減収という要件なしに定額補助に。今になって交付金で儲ける人がでる、とは何という言い草か?生産者は悪くないでしょ?農水省「その通り」。2月から困っていて、7月締切で一円も貰っていない。結局貰えないかもっておかしいでしょ?

予算増額要求はしていると。でも先に要件絞ってから増額しても受けられないのは同じ。元々の要件に合致していたら今まで受け付けた分は支給すべき。今後の運用は見直していけばいいと指摘。コロナ禍で減収した国民が、食事は仕方ないが、果樹は我慢するというように消費が下がる影響はありますから。

農水省から聞き取りをする高橋ちづ子

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI