活動日誌

動物愛護管理法の飼養管理基準について環境省からヒアリング

昨年動物愛護管理改正法が議員立法で全会一致で成立し、今年6月から順次施行されます。殺処分ゼロや悪質な業者を排除、そのための都道府県に動物愛護管理センターの役割を明確にするなど重要です。環境省から飼養管理基準の見直しの方向性についてヒアリング。その訳は、、続。

動物愛護管理法②先日、ブリーダーやペットショップを経営する皆さんから話を聞きました。このままでは廃業!でも犬猫を抱えては廃業もできない。殺処分できないから。国の検討会が示した基準では、今飼養している犬猫を手放さざるを得ない。ケージも買い替えが迫られる。来年6月施行とは厳しい。

動物愛護管理法③悪質な業者は厳しい対応が求められますが、真面目に頑張っている業者がいるからこそ、ペットが家族のようにそばにいるはず。そういう業者まで淘汰されるのか?検討会の座長が提言しているように準備期間は必要!基準にあわせる設備のため補助も検討してほしいと求めました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI