活動日誌

JAL解雇争議を学ぶ超党派院内集会

24日、JAL解雇争議を学ぶ院内集会。我が党から穀田、笠井、宮本、畑野各衆議院議員、山添拓参議院議員。立民の矢上、福田両衆議院議員、福島みずほ社民党党首、自民党議員も参加!2010年の大晦日に165名のパイロットと客室乗務員を解雇したJAL。10年たちましてが、その後も新採用を続け、I LO勧告も無視!

JAL争議 院内勉強会

解決へ与野党議員が参加

 JAL不当解雇撤回争議団は24日、衆院第2議員会館で日本航空の解雇争議を学ぶ院内勉強会を開き、自民党、立憲民主党、日本共産党、社民党の国会議員が参加しました。

 山口宏弥・パイロット争議団長は、「空の安全に果たすベテランの力は大きい」と述べ、ベテランを解雇した問題を指摘。内田妙子客室乗務員争議団長は、「10年前の解雇によって、職場はコロナでも雇用不安を感じている」と述べ、争議解決の重要性を強調しました。

 立憲・福田昭夫衆院議員は、「解雇した何倍も新規採用して、再雇用は財源的にも十分可能だ。働く人を大事にしないと経済はよくならない」と発言。

 共産・穀田恵二衆院議員は、「日航は公的支援を受けながら165人を解雇し、信用を失っている。コロナで航空業界への支援と同時に争議解決も求めていく必要がある」と強調しました。

 自民・山本朋広衆院議員は、「どうアプローチしたら、JALが適切に対応するか、できることをさせていただく」と述べました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI