ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

7月29日国土交通委員会でGoTo トラベルを質問

29日、国土交通委員会で質問する高橋ちづ子

7月29日、衆議院国土交通委員会の閉会中審査で、GoToトラベルについて質問。コロナ専門家の分化会は、GOTOを22日前倒しスタートに賛成したのか?尾身会長「そう拙速に結論を出すべきでない、と提言した。残念ながら採用されなかった」でも、東京除外と落ち着いてきたら東京も良いと言ってたのに?尾身「16日は、東京除外について聞かれたから。合理性あると答えた」

答弁する、尾身茂 新型コロナウイルス感染症対策分科会 会長
分科会の政府に対する提言を資料配布しました

22日の対策本部でイベント制限の緩和は「全国的な移動を伴うため、感染拡大のおそれ」など移動を問題にして緩和を見送るべきと提言したね?なぜGOTOも当面見送りせよ、と言わなかった?尾身「イベントは緩和するかどうかを聞かれたから。トラベルはもっと議論をと思ったが(聞かれなかったから)」

東京都での感染が落ち着いてきたらGOTOに参加していいと言ってるね?落ち着くとはどのくらい?尾身「感染は日々刻々変化。感染状況を分析、モニターすること。緊急事態宣言時より検査のレベルは違うがデータも必ずしも完全でない。感染者増えると重症者増えるが医療、保健所の機能もぱんぱん!」

事務局に決まったツーリズム産業共同提案体の企画提案書には感染拡大した場合キャンペーン中止と明記。この中の緊急事態宣言なしだが「感染拡大注意」とはどんな?観光庁「提出した事業者にも具体的なイメージはない」内閣官房「我々その提案書の中身を知らない」これじゃ一生止まらないよ!?

ウィズコロナは検査徹底でと経団連も言う。それもできていない!与論島人口5200人で感染36人。島に一つの病院が院内感染。当面来ないでと町長。GOTO止めないために緊急事態宣言も出さないのか?神田政務官「特措法24条9項云々」簡単に言えば、自治体丸投げか?神田「メリハリ」意味わかんない!

夏休みを逃すなみたいに言うけど、共通クーポンは9月から。8月までは35%引きでしかない。オフシーズンはインバウンドで埋めていた。応援すべきは客が見込めない時期の需要喚起策だったのでは?泊まるだけでなく土産物屋で買い物してって、それが本来だったのでは?大臣「フルセットでなくても」

答弁する赤羽国土交通大臣

半額だと思ったらクーポンまだできてないから35%引きってそれも知らないよ?だいたい委託事業者との契約がすんだのは17日。なのになぜ17日までの先行予約にキャンセル料補填するの?大臣「高橋さん、キャンセル料国が払うなと?」逆質問しないで。なぜそうなったか、いつ、誰が決めたの?

大臣が逆質問何度もするから時間切れ。これがGOTOトラベル1895億円の事務費の打ち分けです。最も高いのはクーポン作成費用。元々、旅行業者の集合体だから、広報も問い合わせ(コールセンター)も本来業務であって、事務費は必要ないはず!臨時国会開いて説明せよ!と要求しました。

事務費の内訳を示す資料です
下表の④ツーリズム産業共同提案体が採用されました

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI