活動日誌

山形のデパート自己破産と従業員解雇問題で調査

9日、創業320年の老舗、山形の大沼デパートが自己破産、約200人の従業員が解雇された問題で、山形県と市、労働局、連合山形県などが共同で設置した相談窓口を訪問しました。6日設置以降相談者は36名、従業員だけでなくテナントの相談も。経験ある店員をほしい、という企業からの問い合わせも相当あるそうです。

給料日前日に突然解雇をつげられた従業員。雇用保険、解雇予告手当(立替払い制度も含め)などなど、権利あることをもっと知らせなければと激励しました。幸いにもほしいという企業もたくさんあるとのこと。テナントさんをどう支援するか、が課題です。まずは相談に来てほしい、とテルサで待つスタッフ。渡辺ゆり子県議とともに。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI