活動日誌

第199回臨時国会開会、福島農民連東電・政府交渉、全国老人保健施設協議会30周年記念式典

○参議院選挙を受けた第199回臨時国会開会にあたって開かれた党国会議員団総会で、志位和夫委員長から参院選の結果や総選挙に向けた取り組みについて訴えがありました。

団総会で訴える志位和夫委員長と党議員団=1日、国会内

○被害に見合った賠償を/福島県農民連が東電・政府交渉

 福島県農民連は1日、東京電力福島第1原発事故の被害の実態に見合った賠償を求め、国会内で東電、政府と交渉しました。

 農業資材販売店の夫妻が、東電が賠償方法を農家扱いから商工業扱いに切り替えたため、5月に賠償を止められたうえに返還まで求められている状況を切々と話し、「従業員のためにも廃業するわけにはいかない」と訴え。東電側は「早急に回答できるようにする」と述べました。

 農民連メンバーは、放射能汚染のない安全な農地で安全な作物をつくれるよう、国が責任を持って空間線量だけでなく農地表面土壌汚染を分析し、除染を行うよう求めました。

 また、▽国の賠償の範囲判断などを示した「中間指針」は被害の実態に見合っておらず見直すべきだ▽飯舘村で計画している放射能汚染土の再生利用中止▽コメの全袋検査の継続と、いまだ払われていない2018年度の農家の検査費用を至急支払うこと▽東電の東通原発(青森県)建設撤回―などを求めました。政府の自治体への責任転嫁があらわになる場面もありました。

 日本共産党の岩渕友、紙智子、吉良よし子の各参院議員、高橋千鶴子、藤野保史両衆院議員、佐々木優福島市議が参加しました。

(しんぶん赤旗 2019年8月2日付)

福島県農民連東電・政府交渉に同席する党議員団=1日、国会内

○全国老人保健施設協議会30周年記念式典に参加。田中滋埼玉県立大学理事長が、地域包括ケアについて記念講演しました。

式典で講演をする田中滋埼玉県立大学理事長=1日、都内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI