活動日誌

全医労東北地方協議会第71回定期大会、第8回世界・日本肝炎デーフォーラム

○全医労東北地方協議会第71回定期大会に参加し、挨拶をしました。開会に先立ち、国立病院機構における療養介護職の確保や、ハンセン病療養所の夜勤介護手当の新設などの陳情を受けました。

大会で挨拶をする高橋千鶴子=27日、盛岡市内

○肝炎・肝がんなくそう/東京 日肝協がフォーラム開催

 日本肝臓病患者団体協議会(日肝協)は、27日、第8回世界・日本肝炎デーフォーラムを東京都内で開催しました。肝炎患者ら200人が全国から集まりました。同フォーラムは肝炎患者をとりまく現状や問題点を考えようと毎年開催しています。

 厚労省の肝炎対策広報大使の徳光和夫さんは自身が出演するバス旅番組になぞらえ、「最近はバスで寝ていることも多く、寝ながら稼ぐのは私とパンダぐらい」と笑いを誘いながら自己紹介。早期発見・治療の大切さを訴えました。

 フォーラムでは、日肝協代表幹事の山本宗男さんをはじめ、日本肝臓学会常務理事の持田智さんらがあいさつしました。山本代表幹事らは昨年10月から始まった重度肝硬変、肝がんへの医療費助成制度の患者実態とのかい離を指摘。入院4カ月目から対象となることや、年収370万円以下の要件など制度の問題点を報告しました。肝炎、肝がんで毎年3万人が亡くなっていることを指摘し、早急な打開策を求めました。

 第2部では佐賀大学が取り組むモンゴルでの肝炎対策を紹介しました。

 自民、公明、立民、国民など各政党代表があいさつ。日本共産党は高橋千鶴子衆院議員があいさつしました。

(しんぶん赤旗 2019年7月28日付)

フォーラムで挨拶をする高橋千鶴子 =27日、都内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI