活動日誌

平川市議選応援、花岡事件74周年慰霊祭

〇青森県平川市議選が告示となり、斎藤律子候補の応援に駆けつけました。

安藤晴美青森県議会議員(左から3人目)とともに斎藤律子平川市議候補の応援のために駆けつけた高橋千鶴子=30日、平川市内

○花岡事件74周年で「慰霊祭」/謝罪と不再戦誓う/秋田・大館

 花岡事件74周年の慰霊諸行事が6月30日、秋田県大館市で開かれました。

 花岡事件の殉難者供養塔がある同市花岡町の信正寺では、「花岡の地 日中不再戦友好碑をまもる会」(富樫康雄代表)の主催で「中国殉難烈士慰霊祭」「日中不再戦友好平和の集い」が行われ、市民ら60人余が参加しました。

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員、藤本友里参院選比例候補、笹島愛子大館市議らが参加しました。

 富樫代表は、先の侵略戦争による被害、占領地・植民地支配の加害の歴史にふれ「今あらためて花岡事件殉難者の霊前に、謝罪と不再戦の決意を皆さんと固く誓いあいたい」と述べました。

 高橋議員は、歴史と向き合わず対話外交へと向かう世界の流れに逆行、孤立を深めている安倍政権・与党を批判。藤本候補は「殉難者の思いを受け継ぎ、9条改憲、陸上イージス配備などを許さず、平和で誰もが自分らしく生きられる社会をめざす」と決意を語りました。

花岡事件

 花岡事件はアジア・太平洋戦争のもと花岡鉱山下請けの鹿島組花岡事務所(現鹿島)で強制連行された中国人が過酷な労働や虐待などで、1946年3月までに419人が亡くなりました。45年6月30日には中国人労働者が蜂起し、多くの犠牲者を出しました。

(しんぶん赤旗 2019年7月3日付 北海道東北版)

藤本友里参院選比例候補とともに=30日、大舘市内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI