活動日誌

野党合同ヒアリング①(年金)、宮城県保険医協会来室、予算委員会要求 野党合同院内集会、福祉専門職支援議連の設立総会

〇年金の現状を示せ/老後2千万円問題 野党ヒアリング

 “老後の生活には年金だけでは足りず、2000万円が必要だ”と投資などでの資産形成を促す金融庁の審議会報告書が批判を浴びている問題で政府に対する野党合同ヒアリングが6日、国会内で開かれました。野党側からは、安心の年金や社会保障への政府の責任を問う批判的な質問が相次ぎました。

 野党の各議員からは「貯金どころかすでに毎月赤字の世帯も多い」「投資はリスクを伴う。政府が言うことなのか」などの批判の声があがりました。

 立憲民主党会派の大串博志衆院議員が5月22日の報告書案では「公的年金の水準が当面低下することが見込まれている」としていた記述が、6月3日の報告書では削除されていることを指摘しました。

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は、2015年の社会保障審議会年金部会や国会答弁で政府は「公的年金だけでは暮らせない」と認めているのに、なぜ正直な記述を削ったのか、選挙対策としか思えないと指摘しました。

 金融庁はいわば公的年金の不足分を私的年金で補おうとする考えで、出席議員らは「ビジネス側が言うのは自由だが、それを国が言うのか」と批判しました。

 年金制度では、法律で少なくとも5年ごとに現行制度のもとでの財政の現状と見通しを明らかにする財政検証を行うこととされています。検証結果は5年前は6月3日に、10年前は2月23日に公表されましたが、今回はまだ出されていません。

(しんぶん赤旗 2019年6月7日付)

批判的な質問が相次いだ野党合同ヒアリング=6日、国会内

〇宮城県保険医協会が来室され、請願書を受け取りました。

請願書を受け取る高橋千鶴子=6日、国会内

〇“安倍総理 審議拒むな”/予算委求め野党合同集会

 野党各党会派は6日、「安倍総理『審議拒否』するな!予算委員会要求 野党合同院内集会」を開きました。各党会派の代表がマイクを握り、野党の結束で予算委開催とともに参院選で勝利を勝ち取ろうと決意表明。参加者は「審議拒否するな」と唱和しました。

 立憲民主党の辻元清美国対委員長は「日米密約、2000万円貯金問題、年金財政検証を隠して年金カット、実質賃金を隠しつづけて消費税増税できるのか。毎週のように問題が出ている中で安倍首相は逃げ続けている。(徹底審議のために)なんとしても予算委員会の開催に向けて野党一丸となって進んでいきたい」と集会の意義を述べました。

 日本共産党の穀田恵二国対委員長は「国民が明らかにしてほしいことを審議しないのは立法府の行政監視機能を放棄することだ。与党は国会を軽視している。参院選を間近に控えて、国会で争点を明らかにして選挙に臨むのが国会の役割だ」と安倍政権の審議拒否を批判し、「大義の旗を掲げて、お互いに最大限の力を尽くして(参院選を)勝ち抜くことで安倍政権を打倒しよう」と呼びかけました。

 国民民主党の原口一博国対委員長は「団結して、安倍内閣を倒し、日本の明日をつくっていこう」と訴えました。

 社会保障を立て直す国民会議の広田一国対委員長は「安倍政権に消費税を増税する資格はない。野党ががっちりとスクラムを組んで、選挙を勝ち抜いて安倍政権を倒していこう」と訴え、社会民主党の福島瑞穂副党首は「今度の参院選は、野党が力を合わせて政権を変えるために頑張りましょう」と呼びかけました。沖縄の風の糸数慶子代表は「参院選で、打倒安倍のための議員を一人でも当選をさせていこう」と述べました。

(しんぶん赤旗 2019年6月7日付)

予算委員会の開会を求めて結束する野党議員=6日、国会内

〇地域共生社会推進に向けての福祉専門職支援議員連盟の設立総会が行われ、副会長に就任しました。総会では関係8団体からの発言や厚生労働省、文部科学省からもそれぞれ報告がありました。

=6日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI