活動日誌

青森県知事選第一声、野党合同ヒアリング(生活保護の物価偽装)

〇青森県知事選 佐原候補が第一声/市民団体、4野党そろって訴え

国いいなり県政を住民の手に 県民のいのちと安全を守る

 青森県知事選が16日告示(6月2日投票)され、歯科医の佐原わかこ氏(65)=無所属、新=が青森市で第一声をあげ、ピンクのジャンパーでそろえた支援者の「ゴー、ゴーわかこ」の声援が響きました。

 知事選は、日本共産党、国民民主党、立憲民主党、社民党の県内4野党と市民団体が支援する佐原候補と、自公が推薦する現職・三村申吾氏(63)=無所属=との一騎打ちです。

 佐原候補は、ウソとごまかし、ねつ造が許される、立憲主義に基づかない安倍政権と連携・一体化する三村県政対、市民・県民のたたかいだと強調。原発・核燃、米軍三沢基地を押し付け、新自由主義で農業を壊す安倍政権と、国いいなりの三村県政から、いのちと安全を守る県政への転換を訴えました。

 「踏み出すことによって未来は変えることができる」と述べた佐原候補は、「力を合わせて県政を県民の手に取り戻そう」と力強く呼びかけました。

 応援に駆け付けた高橋ちづ子衆院議員が「医師として、県民と子どもたちの実態を知る、わかこさんを県知事へ。共産党も一緒に最後までたたかう」と連帯あいさつ。支援する市民連合あおもり、国民、立憲、社民の県連幹部、無所属の元国会議員、県議、県労連議長、県農政連代表がマイクを握り、支持を訴えました。

 演説を聞いた男性(60)は、「自民党べったりの三村県政を変えたい。佐原さんを勝たせるために、私も精いっぱい、がんばる」と語りました。

(しんぶん赤旗 2019年5月17日付 北海道東北版)

佐原わかこ青森県知事候補(写真右)の第一声に駆けつけた高橋千鶴子( 写真左)=16日、青森市内

〇生活保護の物価偽装についての野党合同ヒアリングに参加。厚生労働大臣の判断により、算式の異なるデータを比較したことが明らかになりました。

計算方式の変更と物価との関係について追及する野党議員=16日、国会内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI