ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

秋田市街頭演説会

比例候補先頭に躍進訴え
共産党に願い託して/高橋比例候補らに期待高まる/秋田

 日本共産党の高橋ちづ子東北比例候補は7日、秋田駅前で比例2議席獲得と全国で党躍進を、と力を込めました。さいとう大悟(1区)、藤本ゆり(2区)、冨岡あきら(3区)の3小選挙区候補がともに訴えました。
 秋田の3小選挙区は、民進党出身者が自民党の補完勢力の「希望の党」公認になり、安倍政治ノーの思いを託せる日本共産党へ期待が高まっています。
 秋田市の男性(69)は「安倍政治に反対だった民進党が『希望の党』に行ったのは一体どういうことか。安倍政権の政治を何とかやめさせたい。米朝の直接対話を主張する共産党が伸びてほしい」と話しました。女性(67)は「昨年の参院選で野党統一候補が敗れて悔しい思いをしていた。憲法を守り、原発ゼロ、消費税増税中止を掲げる共産党の支持を周りに広げ、2議席にしたい」と語りました。
 高校生が演説中、拍手する場面も。「国政の私物化、安倍政権の暴走政治許すなの願いを日本共産党に託してください」との高橋氏の訴えに大きな拍手が起きました。
(しんぶん赤旗2017年10月8日付より)

小選挙区候補と訴える=7日、秋田市

手を挙げて声援にこたえる(右から)冨岡あきら3区予定候補、藤本ゆり2区予定候補、高橋千鶴子、さいとう大悟1区予定候補。司会は加賀屋千鶴子県議=7日、秋田市

演説後に集まってくれた皆さんと握手を交わす高橋千鶴子=7日、秋田市

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI