活動日誌

さようなら原発・核燃3.11青森県集会

原発ゼロへ進もう
「3・11」青森集会 800人、市民ら行進
高橋議員訴え

写真

(写真)「原発いらない、再稼働反対」とコールする集会参加者と高橋衆院議員(左から2人目)=5日、青森市

 六ケ所再処理工場、東通原発、使用済み核燃料中間貯蔵施設、大間原発と、原子力関連施設が集中する青森県で5日、「さようなら原発・核燃『3・11』青森集会」(主催=なくそう原発・核燃、あおもりネットワーク)が青森市で開かれました。大間のマグロをかたどったデコレーションや、要求プラスターを掲げ、市民ら約800人が集まりました。
 初参加の大学4年生(23)は「原発がなくても電気が足りていることははっきりした。いらないものはいらない。安倍政権もいりません」と話します。
 脱原発弁護団全国連絡会共同代表の河合弘之弁護士が講演、福島県大熊町議の木幡ますみ氏が報告しました。
 河合氏は、全国で広がる原発差し止め訴訟闘争、福島原発事故の教訓を経て、自然再生エネルギーへの政策に転換する世界の動きをのべ、「私たちの運動は世界の潮流です。ひるまず、つないだ手を離さず、前へ進もう」と呼びかけました。
 参加した日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は、残業代の規制適用除外とした通達を廃止させた国会論戦、今国会にふくしま法はじめ原発関連の法案が集中することを紹介。原発ゼロへともに奮闘しようと訴えました。
 集会後、青空が広がる市内を行進し、「福島を忘れない、原発も核燃もいらない」と唱和を響かせました。
(「しんぶん赤旗」2017年3月6日付)

 

 

 

いざ出陣!さようなら原発・核燃3.11青森県集会に参加、一言国会報告をさせてもらい、マグロを背負って、原発反対!核燃いらない!と歩きました。800名の参加です!

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.