活動日誌

党国会議員団 福島調査2日目

福島第2原発 使用済み核燃料プールなど視察
党国会議員団が調査

写真

(写真)福島第2原発3号機の原子炉圧力容器下部の制御棒の駆動装置を調査する党議員団ら=16日

福島第二原発視察にて(高橋事務所撮影)

福島第二原発視察にて(高橋事務所撮影)

 日本共産党の国会議員団は16日、東京電力福島第2原発(福島県楢葉町、富岡町)を調査しました。石崎芳行・福島復興本社代表、石井武生・同原発所長らが応対しました。
 調査団は、3号機原子炉建屋やタービン建屋に入り、重大事故などの緊急時に炉心を冷却する装置のほか、福島県沖を震源とする11月22日の地震で冷却が1時間半にわたり停止した使用済み核燃料プールなどを視察しました。
 制御室を模したサイトシミュレーターでの大震災を想定した訓練は、作業員が原発稼働中の操作手順を確認していました。調査団は「再稼働を考えているのか」とただしました。東電側は、第2原発の扱いは未定とした上で「第1原発の廃炉を最優先にし、第2原発はそのための後方支援を担っている」と答えました。
 高橋千鶴子衆院議員は、「11月の地震では、原発が稼働していなくても、住民に不安が広がった。第1原発の事故収束と福島の復興は、第2原発がかぎだ」と述べました。
 福島第2原発は、福島県をはじめ地元自治体が廃炉を求めています。
 調査には高橋議員のほか、笠井亮、塩川鉄也、真島省三=以上衆院=、岩渕友、辰巳孝太郎=以上参院=の各議員と、熊谷智・衆院福島5区候補が参加。原発問題住民運動全国連絡センターの伊東達也・筆頭代表委員ら、市民団体の代表も加わりました。
 議員団らは原発調査後、滝沢一美・富岡町副町長、坂本寿昭・双葉地方町村区長会長連絡協議会会長らに案内され同町内を視察しました。
(「しんぶん赤旗」2016年12月18日付)

 

◯福島第二原発から車で15分程の富岡町・夜の森地区を滝沢副町長と坂本区長会会長の案内で視察しました。ここが道路一本はさんで帰還困難区域と居住制限区域に分かれる境界です。

富岡町夜の森地区視察にて

富岡町夜の森地区視察にて

 

◯同じく富岡町にて。富岡町除染検証委員会報告の中で、道路一本はさんで帰還可能・不可と区別された場所もあり、除染しなければ帰れないと指摘、2月の予算委員会でも取り上げました。その後境界から50mまで除染することになったそうです。その報告と同じ場所を視察しました。

富岡町・道路一本挟んで帰還困難区域・居住制限区域が分かれる場所にて

富岡町・道路一本挟んで帰還可能・不可が分かれる場所にて

党国会議員団とともに

党国会議員団とともに

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
Copyright © 2003 - 2017 CHIDUKO TAKAHASHI All Right Reserved.