活動日誌

東日本大震災復興特別委員会委員派遣 福島

衆議院東日本大震災復興特別委員会の委員派遣で、福島県の富岡町、楢葉町、浪江町、双葉町、大熊町、広野町を視察しました。

◯富岡町は、来年4月の避難指示解除に向け、診療所、復興公営住宅、公設民営のショッピングモールなどの整備が進んでいます。

10月に開所したとみおか診療所

とみおか診療所にて=21日、富岡町

 

◯楢葉町で松本町長らと懇談。今年9月5日に避難解除した同町は、帰町者は149名396世帯(7913名中)。来春に本格帰町をめざし、コンパクトタウンなどを準備中です。「ハードは進むがソフトが課題」との説明がありました。

◯今月から、避難指示解除に向けた準備宿泊がはじまった浪江町。先月オープンの仮設商店街まち・なみ・まるしぇ(10店舗)などを視察しました。準備宿泊の登録はまだ112世帯281人。(21434人中)

10月オープンした仮設商店街まち・なみ・まるしぇ。

10月オープンした仮設商店街まち・なみ・まるしぇ=21日、浪江町

馬場有浪江町長と

馬場有浪江町長(左)と=21日、浪江町

 

◯町の96%が帰還困難区域という双葉町では、双葉駅などを視察しました。草が生い茂る線路や崩れたままの家もありました。

伊澤双葉町長から説明を受ける委員ら

伊澤双葉町長(右)から説明を受ける委員ら=21日、双葉町

双葉駅

双葉駅にて=21日、双葉町

線路には草が生い茂っていました=21日、双葉町

 

◯広野町ではふたば未来学園高校を視察し、授業や生徒たちについて校長先生から説明を受けました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI