ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

南スーダンPKO防衛省申入れ

南スーダンPKOから自衛隊撤退を
地元青森から政府に要請

写真

(写真)南スーダンPKOからの自衛隊撤退を防衛省に要請する、青森県内の民主団体の代表ら(左から、北田、高橋衆院議員、吉俣の各氏)=2日、国会内

 青森市にある陸上自衛隊第9師団第5普通科連隊が南スーダンに派遣されようとしている問題で、青森県の平和委員会、民主医療機関連合会、新日本婦人の会県本部など8団体は2日、南スーダンPKO(国連平和維持活動)に派遣する自衛隊に「駆け付け警護」などの新任務を付与せず、南スーダンPKOから撤退するよう、安倍晋三首相、稲田朋美防衛相あてに要請しました。
 この日、県内外から寄せられた6579人分の署名を携えて日本共産党の吉俣洋・東青地区委員長、新婦人青森支部の北田文子支部長が上京。防衛省の担当者に要請書を手渡しました。
 南スーダンでは自衛隊派遣の条件である「PKO5原則」が守られているとはいえず、「部隊の撤収を決断すべきであり、新任務の付与など論外」と指摘。「『息子が入隊するとき、国を守り、災害のとき国民を守るのだと誇らしく送り出した。しかし、今は不安で夜も眠れない』という自衛官の母親の声を聞いてほしい」(北田氏)、「私には中学生と高校生の子どもがいます。同級生の父親が戦死することになりかねません」(吉俣氏)と訴えました。
 要請には日本共産党の高橋千鶴子衆院議員が同席しました。
 吉俣、北田の両氏は、地元選出の国会議員にも要請しました。
(「しんぶん赤旗」2016年11月3日付)

国会事務所にて、要請署名を受取りました。

国会事務所にて、請願署名を受取りました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI