ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

岩手台風災害現地調査

 東北地方に上陸した台風10号による被害を調査するため、岩渕友参院議員、斉藤信、高田一郎、千田美津子の各岩手県議とともに、岩手県久慈市、岩泉町、宮古市で現地調査を行いました。

○久慈市

 遠藤譲一市長、中居正剛副市長に台風被害のお見舞いを申し上げ、懇談しました。107世帯が孤立、犠牲者が1人などの被害状況を聴き取るとともに、ゴミ処理や商店街支援などの要望を受けました。城内仲悦、小野寺勝也両市議、橋上辰夫久慈地区委員長が同席しました。

市長・副市長から被害状況などの聞き取りにて=久慈市役所

(左手前から)遠藤市長、中居副市長から被害状況を聴き取る調査団=久慈市役所

被災した家屋から出たゴミを搬出する様子=久慈市

被災した家屋から出た土砂などのゴミを搬出する様子=久慈市内

 

◯岩泉町

 伊達勝身町長から被害状況などについて聴き取り、懇談。岩泉町の高齢者グループホームでは9人の犠牲者が出ました。孤立者は最大時900人から現在も約200人、遮断された道路対策などに全力をあげるとのことでした。林崎竟次郎町議が同席しました。

岩泉町の伊達勝身町長と懇談=岩泉町役場

岩泉町の伊達勝身町長と懇談=岩泉町役場

 懇談の後、林崎町議の案内で、被災者を激励しつつ岩泉町内の被災状況を見て回りました。
 その後、9人の犠牲者が出た高齢者グループホームへ向かいました。途中の川や田畑が泥を厚くかぶり、トラックや乗用車が横転、水が溢れてるなど、ひどい状況でした。

多くの犠牲者が出た高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左の建物)=岩泉町

9人が亡くなった高齢者グループホーム「楽ん楽ん」(左の建物)=岩泉町内

岩泉町現地調査にて

岩泉乳業株式会社の敷地の様子=岩泉町内

 

◯宮古市

 山本正徳市長、山口公正副市長、鈴木貴詞副市長、滝沢肇総務部長から被害状況や要望を聴き取り、被災者支援について懇談しました。家屋などの被害状況の把握はこれからとのこと。「東日本大震災から5年半、ローン返済なども本格化する復興途上でおきた災害であり、被災者支援には特別の手立てが必要だ」との認識も伝え、被災者支援について意見交換しました。田中尚、落合久三、中島清吾の各市議が同席しました。

山本正徳宮古市長と懇談=宮古市役所

山本市長らと懇談する調査団=宮古市役所

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI