活動日誌

保育緊急提言発表

党が「保育」緊急提言
30万人分認可増設 10万円賃上げ
小池氏ら会見

 

  日本共産党の小池晃副委員長・政策委員長は5日、国会内で記者会見し、大きな政治問題となっている保育所の待機児問題に関する緊急提言を発表しました。認可保育所の緊急増設と、保育士の賃上げなど労働条件を改善する根本的対策を緊急に行う内容です。高橋千鶴子衆院議員と田村智子参院議員が同席しました。(詳 報)


写真

(写真)記者会見する小池晃副委員長(中央)、高橋千鶴子衆院議員(右)、田村智子参院議員=5日、国会内

 小池氏は、問題の根本に認可保育所が決定的に足りないこと、保育士の労働条件が劣悪であることを指摘。安倍内閣の緊急対策は「規制緩和と詰め込み、保育内容の切り下げを行うもので公的責任を放棄するものだ」と批判しました。
 第一の提言として、30万人分の認可保育所(約3000カ所)を数年で緊急増設することを示しました。
 子どもの発達・成長の権利を保障し、保護者が安心して預けられる要求にこたえることを強調。▽国や自治体が先頭にたって保育所をつくる▽土地確保の国庫助成制度をつくる▽公立保育所に対する新たな国の助成制度をつくる▽地域の保育ニーズを正確につかんで対策をすすめる―ことを提起しました。
 第二は、賃上げと保育士配置基準を引き上げることです。
 小池氏は、保育所の運営費(公定価格)の算出根拠となる人件費基準が低すぎることが、保育士の賃金が全産業平均より月額約10万円も低い原因だと指摘。野党が共同提出している5万円の賃上げ法案を成立させて、さらに毎年1万円ずつ引き上げて5年で10万円の賃上げを訴えました。▽保育士の配置数の適正化など公定価格を引き上げ、労働条件を改善▽保育士の専門性にふさわしい処遇に改善▽非正規の使い捨てをやめ正規化をすすめる―ことを求めました。
 高橋氏は、「野党が出している処遇改善法案の審議を与党が拒否しているのは問題だ。保育士を希望する人の願いに応えるべきだ」と強調。田村氏は「詰め込みは、子どもの育ちの保障を投げ捨てるものだ。認可保育所の緊急増設を求めていく」とのべました。
(「しんぶん赤旗」2016年4月6日付)

 

 

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI