ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

全国保険医団体連合会と懇談、働くもののいのちと健康を守る全国センター総会出席、河北新報訪問

○TPP交渉撤退へ共同
保団連と党国会議員団 懇談

写真

(写真)左から笠井、高橋、塩川の各衆院議員と懇談する全国保険医団体連合会の住江会長(右端)ら=11日、東京都内

 日本共産党国会議員団TPP(環太平洋連携協定)対策委員会の笠井亮(責任者)、塩川鉄也、高橋千鶴子各衆院議員は11日、東京都内の全国保険医団体連合会を訪ね、住江憲勇会長らと懇談し、TPPからの撤退を迫るたたかいを広げていくことを確認しあいました。
 TPP協定には、医療分野で特許期間の延長や新薬データ保護期間の新設などが盛り込まれ、高い医薬品が日本の患者、国民に押しつけられようとしています。
 住江氏は、「19世紀の植民地型経済覇権主義のようなTPPが許されるのか。協定の中身を早急に明らかにしてほしい」と強調しました。
 笠井氏は「アメリカ企業の要求どおりにやれる仕組みになっている。医療分野への影響や、国民の命にどんな危険をもたらすかを国会論戦で追及していく」と応じました。
 塩川氏は「TPPの危険を明らかにしながら運動をさらに広げたい」、高橋氏は「安倍政治の行きつく先には大変なことが待っていると世論に訴えていく」と表明しました。
 懇談では、日本共産党が提案した戦争法廃止の「国民連合政府」構想も話題に。笠井氏は、「TPP反対の共同を広げながら、戦争法廃止、立憲主義、民主主義をとりもどす大きなたたかいと結んで、力を合わせて安倍政権を倒そう」と訴えました。
(「しんぶん赤旗」2015年12月12日付)

 

○都内で行われた「働くもののいのちと健康を守る全国センター」総会に出席し、あいさつしました。

働くもののいのちと健康を守る全国センター総会にて(11日 都内)

働くもののいのちと健康を守る全国センター総会にて(11日 都内)

 

○「河北新報」(東北地方のブロック紙)を訪問し、懇談しました。

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI