活動日誌

宮城県大崎市で豪雨災害調査

豪雨被害 党国会議員が住民の要望聞く
「農機具やられた」 宮城・大崎で高橋氏

 日本共産党の高橋千鶴子衆院議員は12日、豪雨で被害を受けた宮城県大崎市に入りました。同市は渋井川の堤防が11日に決壊し、西荒井地区では住宅約400世帯1200人が孤立。県が2001年に河川の整備計画をたてていましたが、ほぼ手つかずの状態でした。
 小沢和悦市議団長と鎌内つぎ子市議、内藤たかじ党北部地区委員長(県議予定候補)の案内で、冠水した西新井地区と師山地区を視察。
 田んぼが冠水した男性(67)が「収穫寸前の米も、震災で被災して新しく3000万円で買った農機具もみんなやられた。これ以上借金はできない」と話し、自宅の1階が水につかった男性(51)は「二度と繰り返さないようにしてほしい」といいました。高橋議員は、お見舞いを述べながら「なんでも相談してください」と声をかけました。
 農水省や国交省、市の担当者、地域の土地改良区の所長らとの懇談では、排水機場やポンプ車の排水能力を超えたことが話され、高橋議員はじん速な排水や支流の堤防への支援を要請しました。市役所の災害対策本部も訪問し、激励しました。(高橋拓丸)
(しんぶん赤旗2015年9月13日付より)

草が白くなっているところまで浸水した=大崎市師山地区

草が白くなっているところまで浸水した=大崎市古川師山

決壊した渋井川の前で被災住民らから話を聞く=大崎市西荒井地区

決壊した渋井川の前で被災住民らから話を聞く=大崎市古川西荒井

渋井川のすぐ隣りにある田んぼ。いまも稲穂まで浸水したまま=大崎市西荒井地区

渋井川のすぐ隣りにある田んぼ。いまも稲穂まで浸水したまま=大崎市古川西荒井

水が引かず、なお不通となっている道路=大崎市内

水が引かず、なお不通となっている道路=大崎市古川米袋

大崎地域水管理センターで国交省地方整備局北上川下流事務所の佐々木所長らから話を聞く=大崎市古川米袋

大崎地域水管理センターで国交省地方整備局北上川下流事務所の佐々木所長らから話を聞く=大崎市古川米袋

市危機管理監室を訪ねて激励=大崎市役所内

市危機管理監室を訪ねて激励=大崎市役所内

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI