活動日誌

福島県浪江町調査(1日目)

福島・浪江町を調査 町幹部と懇談
高橋・畠山両議員

浪江町での調査=11月16日

浪江町での調査=11月16日

 日本共産党の高橋ちづ子、畠山和也両衆院議員は16日、東京電力福島第1原発事故のため全町避難が続く福島県浪江町に入り、立ち入りが制限されている町内を視察するとともに、町の幹部と懇談しました。同町の馬場績(いさお)党町議と、党県委員会から町田和史書記長、岩渕友常任委員らが同行しました。
 高橋、畠山両議員らは国道114号を通って同町に入り、高線量下の津島にある馬場議員の自宅を訪れました。玄関で約10マイクロシーベルトの高さ。町中心部も人の姿はなく、信号が黄色点滅しているだけ。「4年近くたつが建物の状態は確実に悪くなっている」と、声が上がります。
 津波被害に遭った請戸(うけど)地区、廃棄物仮置き場など視察しました。
 町役場では、復興再生事務所所長兼帰町準備室長の山本邦一氏と、復旧事業、除染・廃棄物、津波被災地の対策課長などが応対。
 高橋議員らは、取り組み状況と要望を尋ねました。山本氏らは「復興のための作業員確保が大きな課題だ」「各事業が年度限りで繰り越しできない」などと改善を要請。さらに「(国は)帰還困難区域も除染してほしい。そうすれば空間線量が5~6割下がる」など施策に沿って具体的に要望しました。
(しんぶん赤旗2015年1月18日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI