ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

徳島演説会

本当の地方政治を/徳島市 高橋衆院議員

県議予定候補の上村恭子(左)、手塚弘司(左から2人目)、山田豊(右)の各氏と参加者の声援にこたえる高橋ちづ子=徳島市内

県議予定候補の上村恭子(左)、手塚弘司(左から2人目)、山田豊(右)の各氏と参加者の声援にこたえる高橋ちづ子=徳島市内

 日本共産党徳島県委員会は11日、いっせい地方選挙勝利をめざす党大演説会を、高橋ちづ子衆院議員を迎えて徳島市で開き、会場は熱気にあふれました。
 高橋氏は、原発、消費税、雇用、年金、集団的自衛権行使容認など、安倍政権の暴走政治は、あらゆる面で極まっていると指摘。「日本共産党の前進で退陣へ追い詰めましょう」と呼びかけました。
 さらに、政府は「地方創生」を口実に古い自民党政治を復活させようとしていると批判し「本当の地方政治を取り戻すには日本共産党が一番たよりになる」と予定候補者全員の当選を訴えました。
 いっせい地方選挙の全予定候補者が紹介され、県議予定候補の山田豊=元=、上村恭子、手塚弘司=以上、新=の3氏は「必ず勝利し、県民の願いを議会に届ける」と決意表明しました。
 徳島市の女性(72)は「国会の議論は国民にとっておかしいことだらけだ。全員の当選のため、がんばりたい」と話しました。

(しんぶん赤旗 2014年10月12日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2020 CHIDUKO TAKAHASHI