ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

つくばエクスプレス調査

つくばエクスプレスの安全対策 / 高橋・田村議員が調査

田村参院議員(中央)、加藤県議(左)らとつくばエクスプレスの安全対策等を調査する高橋ちづ子。

田村参院議員(中央)、加藤県議(左)らとつくばエクスプレスの安全対策等を調査する高橋ちづ子。

 東京・秋葉原と茨城県つくば市を結ぶ首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス(TX)の可動式ホーム柵などの安全対策やバリアフリーの整備状況について、日本共産党の高橋ちづ子衆院議員、田村智子参院議員は11日、加藤英雄千葉県議とともに現地調査しました。
 TXの安全対策については、3月の人身事故などを受け、8月に党国会議員団が国土交通省と厚生労働省に要請。高橋氏がホームに列車緊急停止装置(非常停止ボタン)を設置する必要性を指摘した際、国交省の担当者は「ホーム柵を設置していれば必要ない」と回答していました。
 高橋、田村両氏は、人身事故や可動式ホーム柵の故障が発生した駅、主要駅で設備や混雑時の様子を視察。緊急時に駅係員と通話できるインターホンは各駅のホームに2カ所のみで、安全確認は、モニターからの映像や目視で運転士が行います。
 田村氏は「インターホンの設置場所が少ないうえに分かりにくい。もしもの時に、とっさに対応できるのか」と述べました。
 高橋、田村両氏は労働者や関連業者、TX利用者たちと懇談。高橋氏は「引き続き国会で、労働条件と安全保障の確保を一体とした追及に取り組んでいく」と述べました。
(しんぶん赤旗 2014年9月13日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI