活動日誌

党福島県委員会・県議団らの政府交渉

国が原発廃炉決断を / 党福島県委など政府交渉

十分な賠償や被災地再建支援を要請する参加者たち=国会内

十分な賠償や被災地再建支援を要請する参加者たち=国会内

 日本共産党の福島県委員会、同県議団、同市町村議団は17日、福島第1原発事故を起こした国と東京電力の加害責任と、被災県の再建への全面的な支援を求めて、国会内で政府交渉をしました。
 12人が参加し、関係省庁の担当者らに要請しました。
 福島県内の原発全10基廃炉の要請について政府側は、廃炉の判断は事業者である東京電力にあると従来通りの回答。神山悦子県議団長は「廃炉の決断もせず、エネルギー基本計画に基づいて原発推進に力を注ぐとなると、福島県民は見捨てられたという思いを強めます。東電まかせにせず国が廃炉を決断すれば、東電も廃炉に動きます」と批判しました。
 このほか、▽エネルギー基本計画の撤回▽原発労働者の労働環境の改善と健康診断体制の強化▽賠償を被災者の生業(なりわい)再建のための賠償に見直す▽災害復興公営住宅の計画拡大▽除染の効果が十分に出ていない場所の再除染を早急に進める―などを訴えました。
 交渉に同席した日本共産党の高橋ちづ子衆院議員は、賠償指針の見直しではなく、「個別に対応する」と繰り返す政府にたいし、「現場の実態に即した指針の見直しを行うべきです」と強く求めました。交渉には、紙智子、田村智子両参院議員も同席しました。
(しんぶん赤旗 2014年4月18日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI