活動日誌

東京介護福祉労との懇談、秘密保護法レク、全国学童保育連絡協議会との懇談

○東京介護福祉労働組合のみなさんが来室し、お話を伺いました。

○党国会議員団で、政府担当者から秘密保護法のレクチャーを受けました。

○全国学童保育連絡協議会のみなさんから、宮本岳志衆院議員、田村智子参院議員とともに要請を受け、懇談しました。

東京介護福祉労の田原さんから要望書を受け取る高橋ちづ子=国会事務所

東京介護福祉労の田原さんから要望書を受け取る高橋ちづ子=国会事務所

学童保育の抜本拡充を / 全国連絡協 党国会議員団に要請

懇談する(左から)宮本岳志衆院議員、高橋ちづ子、田村智子参院議員=国会内

懇談する(左から)宮本岳志衆院議員、高橋ちづ子、田村智子参院議員=国会内

 全国学童保育連絡協議会(木田保男会長)は17日、国会内で日本共産党議員団と懇談し、今年8月に制定された「子ども子育て支援法」と児童福祉法の改定にもとづいて実施される新しい制度において、学童保育が国の制度として抜本的に拡充され、予算が大幅に増額されるよう要請しました。
 京都の参加者は、深刻な過疎化により、自治体の責任で学童保育を実施すること自体が非常に困難になっているという京都北部の自治体職員の声を紹介。全国各地の指導員、保護者が、「学童保育の最低基準がない現在の制度のもとで、大阪では、学校の階段の踊り場や廊下をロッカーで仕切ったところが学童保育室になっている。新制度で改善される見通しはまだない」などの実態を語りました。
 木田会長は、新しい制度で、小学校6年生までへの実施延長、定員40人、職員の専門性の確立などがうたわれているものの、これらに財政的な裏づけがないこと、併設する施設があれば職員が1人でもよいとしていること、全児童対策の放課後子どもプランとの一体化が懸念されていることを指摘しました。
 高橋ちづ子、宮本岳志の両衆院議員、田村智子参院議員が参加。高橋議員が、「新しい制度へ移行するなかで、学童保育がしっかり拡充されるよう、全力をつくす」とのべました。
(しんぶん赤旗 2013年12月18日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI