活動日誌

りんご園危機突破大会、尾太鉱山視察

台風被害 リンゴ守ろう 農家ら危機突破大会 青森

高橋議員あいさつ

りんご園危機突破大会であいさつする高橋ちづ子

りんご園危機突破大会であいさつする高橋ちづ子

 リンゴ生産者の組織である公益財団法人青森県りんご協会(福士春夫会長、会員約6000人)は18日、「台風18号被害りんご園危機突破大会」を開きました。
 会場は、9月の台風18号により甚大な被害を受けたリンゴ園地が広がる、青森県板柳町の岩木川河川敷です。

 被災した生産者や、リンゴ関係者ら250人が参加し、「青森県が誇るリンゴを守るために、被災農家、生産者とリンゴ関係者が一致団結し難局を乗り越えるために、あらゆる知恵と力を結集し、危機を突破しよう」とアピールしました。
 平川市、南部町、板柳町の各生産者が被害状況を報告。「災害に強い環境づくりが必要」「型にはまった支援でなく、被災者の状況にあった支援をしてほしい」など、進まない復興への切実な思いを訴えました。

 県選出の国会議員、国や県の行政担当者らも参加。日本共産党からは、高橋ちづ子衆院議員、安藤はるみ県議が来賓として出席しました。
 高橋議員は、家も被災し、園地に手が回らないなど、被災者の実態に合わせた支援が必要です。生産者の声と行政、国会が力を合わせて制度も前進してきました。さらに拡充させますと述べ、「生産者の努力に水を差し、復興を阻むTPP(環太平洋連携協定)は絶対にくいとめよう。一緒に頑張りましょう」とあいさつしました。

(しんぶん赤旗 2013年10月19日付より)

 

尾太高山(青森県中津軽郡西目屋村)視察

PA182385PA182387PA182398

 

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
国会質問
質問予定
活動日誌
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
紙智子(日本共産党参議院議員)
いわぶち友(日本共産党参議院議員)
© 2003 - 2019 CHIDUKO TAKAHASHI