ちづ子へのエール住民とともに(質問のエピソードと会議録など)
活動日誌

豪雪対策について小此木防災大臣に申入れ

1月20日、当面急がれる豪雪対策について、北海道、東北、北陸の関係議員と一緒に小此木防災大臣に申し入れました。災害救助法の徹底活用、生活道路の確保、地域公共交通への支援、ハウスなど農業被害への支援、中小企業対策。昨日も宮城県大崎市で高速道路の事故!検証と交通規制の徹底を求めました。

北海道・東北から紙智子、岩渕友両参議院議員、北陸信越から藤野保史衆議院議員、井上哲士、武田良介両参議院議員。小此木大臣は富山新潟を視察して実感し思い語り、総務大臣に「特別交付税の前倒し」や国交大臣にも話をしたと。私から「雪は災害」の立場で大臣がリーダーシップを、と強く求めました。

豪雪 対策・支援早く

共産党国会議員団 防災相に申し入れ

写真
(写真)小此木防災担当相(中央)に申し入れする(左から)武田、井上、藤野、(1人おいて)高橋、紙、岩渕の各衆参議員=20日、東京都内


 日本海側を中心とした記録的な豪雪問題で、日本共産党国会議員団は20日、除排雪の早急な実施や被災者支援などの対策強化について、小此木八郎防災担当相に申し入れました。高橋千鶴子、藤野保史両衆院議員、井上哲士、岩渕友、紙智子、武田良介の各参院議員が出席。現地視察をもとに対策強化を求めると、小此木防災相は「特別交付税の前倒しを武田良太総務相に要請した」とし、「政府の財政的支援を大いに使ってもらいたい」と応じました。

 申し入れでは、被害状況の把握を急ぐとともに、▽高齢者宅の屋根の雪下ろしや人家周辺の早急な除排雪のため災害救助法を全面的に活用▽自治体の除排雪経費への財政支援▽除排雪業者の広域的確保▽通学・通勤・通院に必要な公共交通確保の支援▽なだれなどの危険箇所の点検・二次災害防止の徹底―を求めました。

 被災事業者に対しては、2014年の豪雪被害の際に国が行った、被災者負担ゼロの農業用ビニールハウス撤去など再建支援の強化を要求。水稲や園芸作物の苗をつくるハウスが倒壊した現地の深刻な状況が語られ、「雪解けを待っていては(再建が)手遅れになりかねない」(武田氏)と、速やかな支援の必要性を強調しました。

 高橋氏が「雪は災害との立場で」と各省庁の連携や支援制度の周知徹底を求めると、小此木防災相は「災害が多発している。国の発信が大事だ」と応じました。

(「しんぶん赤旗」2021年1月21日付より)

▲ このページの先頭にもどる

カテゴリー

高橋ちづ子のムービーチャンネルへ
街宣予定
お便り紹介
お問い合わせ
旧ウェブサイト
日本共産党中央委員会
しんぶん赤旗
© 2003 - 2021 CHIDUKO TAKAHASHI